ちら裏

ちらしの裏に雑に書きなぐるイメージ

最近のゲーミング

 

最近ゲームらしいゲームを全くプレイできていません。年末年始にかけてゴタゴタがあり、お金が無いからです。お金が無ければゲームを買えない。当たり前のことです。

ですが定期的にゲームをプレイしなければ死んでしまいます。これも当たり前のことですね。

ではお金が無い時にするゲームとは何か、勿論「フリープレイゲーム」があるだろうという方がいると思います。インターネッツという海の中を素潜りし、海女さんの如く面白そうなブラウザゲーをひろってくるという方法もあるし、そうでなくとも私はPS plus会員なので毎月ごとに配信される無料化された作品群を遊ぶことが可能なのです。

今月なんて『ラチェクラ』ですよ『ラチェクラ』。PS4作品の中では名作と呼ばれるカテゴリに入るゲームです。ですがなんなんでしょうね、自分の性格のせいなんだろうと思うのだけれど無料ゲームってイマイチやる気が湧かない。どうしても扱いが雑になってしまう。自分が欲しくないものをプレゼントされた時もそうなんですが、入手するに至るまでのプロセスに自分の手/意志が介在していないとどうしても使い込む意志が湧かないんですよね。自分が欲しいものは自分で勝ち取りたい、せめて等価交換が必要という価値観。逆を言うなら自分が要らないと思ったものは本当に要らない。それがたとえ他人からの恩情であったとしても。気持ちは凄く嬉しいんだけど要らないものは要らないんだよね。欲しかったものをプレゼントされた場合?なんというか複雑な気持ちになります。「ありがたいがこんな楽して手に入っていいのか」という。ん〜傲慢。

そういった気質があるのと、お金が無い時は連動して精神も参ってる場合が多く、大抵はハードの起動スイッチを押すことすら億劫になってしまっています。なにもしたくないがゲームはしたい。

そんな時プレイするのはソシャゲに限る。思考停止でひたすらにポチポチしているにも関わらず、目に見えて結果が現れるので精神に良い。

 

グランブルーファンタジー

f:id:morokyu:20180117130736j:plain

マグナ装備の3凸が終わった時点で現状に満足してしまい作品からしばらく遠ざかっていたのですが、クリスマスから年始にかけたCygamesの大盤振る舞いを機に復帰しました。とりあえずもらったヒヒイロを使って十天衆サラーサを入手したことから始まり、マグナ4凸装備を揃えるべく活動を活発化させています。行く年来る年グラブってた。神石装備はやってみたいのだけれど課金勢じゃないので無理かな…

f:id:morokyu:20180117130357p:plain

昔は6人HLとかビビって行けなかったんですが、今はロビー機能などかゆいところに手が届くような機能が充実しているのと、4年目に突入してプレイヤーレベルが全体的に向上し、メンバー募集をかけるとすんなりメンツが集まるようになったのもあって日課レベルでこなせるようになりました。マグナ周回以外に「アーカルムの転生」など他にコンテンツが増えたのもプレイヤーとしては嬉しい。

かつて前プロデューサーである春田氏が「グラブルスマホで遊べるMMORPGにしたい」とかなんとかインタビューで語っていましたが、この膨大な量のエンドコンテンツと、「団」「フレンド」という程よい仲間との距離感、やり込みがいのある戦闘システム、そしてリアルタイム感。既にMMORPGと比べて遜色ない内容になっているのではないでしょうか。数あるスマホゲームの中で1つの到達点にあると言っても過言ではないと思う。

f:id:morokyu:20180117134727j:plain

 

現在は一番最初に入手した十天衆であるシエテの最終上限解放を目指しチマチマ事を進めています。長い間放置していたこともあってか素材がだだ余りしており、割とすぐに解放まではいけそう。だが「銀の依代」、お前だけは許さん。交換用の素材集めのために行うデイロー周回はサービス開始初期のFGOを思い出すレベルには苦痛&運ゲー。複数人解放とかやってる人はダマスカスぶっこんでるんだろうか。

 

あと最近のストーリーイベント凄い良くて、話自体のクオリティ向上は勿論、「レンジャーサイン」以降専用一枚絵とかBGMとか増えて非常に良いです。本当に良い。特に一枚絵の方は今後発売するであろう画集に掲載されることを願う。

 

 

その他

f:id:morokyu:20180117215726j:image

私は自分にとって嫌なことがあるとご褒美にお酒を買うのですが、先日神楽坂にある「千年こうじや」という酒屋で買った八海山の日本酒とビールが美味しかった。

日本酒の方は生酒で非常にフルーティ。ビールの方はキリッとしていてスイスイ飲める。

「千年こうじや」という店はどうやら八海山が建てたブランドショップのようで、酵母を活かした商品が多数棚の中で軒を連ねていた。お酒のたぐいは勿論、おつまみやスイーツ、化粧品まで結構な品揃えがあり、おみやげの類を買う時はここにしようと思った。

 

 

 

今回は文語体と口語体を混ぜて文章を書いてみたんだけど、なんか先輩後輩と話すときの喋り方に似てるな…