ちら裏

ちらしの裏に雑に書きなぐるイメージ

愚痴

私は、よく人から相談をされる人間だ。相談をする側の人間からすると、私は「最期の砦」らしく、自分でいうのもなんだがアドバイスは割りと的確だと評判がいい。

こんな私を頼ってくれるのはとても嬉しいのだが、受ける相談の内容がことさらヘヴィな事が多いのがなんというか悲しい。

浮気をしたい…人生の見通しが立たない…ショックで立ち直れない…もっとしたたかになりたい…特定の人を追い払いたい…etc

別に私に対して重い相談をするなということを言っているわけではない。困っている人に請われれば、それが例え世間一般で言う「悪いこと」であろうとも耳を傾け、道理が通れば手を貸すのが私の信条であり、どんなに重かろうが軽かろうが最低限相談にはのり、出来る限りのアドバイスはする。

 

ただ、相談を受ける中で「『世の中』というのは『悪意』で満ちているし、それが普遍的であること」に否が応でも目を向けなければならず、そしてそれを人間が許容していること自体が悲しく思える。

 

以前このブログ内でしつこく書いてしまったが、私は家庭内で虐待を受け、周囲からはイジメを受けて育った。そしてそれは一時的で「特別なこと」だと思っていた。大人になれば「良識のある人間」が周囲に多くなり、かつてさらされていた「人間の悪意」からは解放されると思っていた。

 

 

そんなことはなかった。世界は1つしかない。子供から大人になろうが、世界はただかわらずそこにあるだけだった。

田舎から出て東京で一人暮らしを始めた今でも、相も変わらず人は信頼を裏切りたがるし、他人を利用しようとする。事実からは目をそむけ、都合の良いことを信じ込もうと躍起になる。口だけで行動を起こさず、責任から逃れることに対しては俊足を発揮する。そしてそれが平然と許容されている。

私自身はそういったことは絶対にしないよう心がけている。なぜなら上記の行為をしてしまえば、私は、かつて私を貶めた奴らと同類になってしまうからだ。

だが、正直「生きにくいな」と思う場面が多々あることも事実だ。時に友人からは「あまぎも少しは遊んだら?」とアドバイスされることがある。そう言われると、なぜだか非常に悲しい気持ちになる。

 

 

どうして人は平然と人に対して悪意を振りまき、そして「こんな私のことを受け入れてくれるだろう」と思えるのだろうか。絶対的な拠り所があるからなのだろうか。私には到底理解ができない。

日本には「情けは人の為ならず」という言葉がある。人に対して払った恩情は回り回って自分のところへ返ってくるという意味だ。正にwin-winの関係だ。どうして人はこんな簡単なことが出来ないのだろう。自分だけ得をしても最終的に人間が迎えるEDは等しくデッドエンドだと言うのに。

 

そもそも、善も悪もないのだろう。「善」も「悪」も単なる結果に対する1方向からのラベリングに過ぎない。この2つの概念を考えた人は天才だと思う。

人間の在り方は行動と結果、そして結果が次の行動に与える影響を「得」か「損」で表現することに帰結する。人間、そして人間が生み出す社会は複雑怪奇だと世間はいうが、構造はいたってシンプルだ。そう考えれば、他人に対して誠実であることも、不誠実であることも、生み出す結果において最終的に自分にとって「得」になることもあるし、「損」になることもあるのだから、両者を使い分けることが常道であることも理解できる。

 

ただ、頭でわかっていても、私はこの人間の在り方を許すことが出来ない。許せない。

あなたの行動で涙を流す人がいる、もう二度と立てなくなるかもしれない人がいる。

なのにそれを許容し平然と行える人間の在り方そのものがただひたすらに憎い。悲しい。

 

 

 

自分はめんどくさい人間だなぁと。