ちら裏

ちらしの裏に雑に書きなぐるイメージ

最近のゲーミング

ドラゴンクエスト過ぎ去りし時を求めて

クリアまでおよそ60時間、久しぶりに万人にオススメ出来るような素晴らしいゲームに出会うことができた。

このゲームに関する感想は以下の記事内に纏めたので読んで頂きたい。

amagi.hatenablog.com

日頃ゲームに対してそこまで興味がないという方、この機会に是非PS4と良いモニター、そしてこのソフトを購入してプレイして欲しい。損は絶対にさせないので。

 

 

DOOM

f:id:morokyu:20170909202614j:plain

DOOM」とは、アメリカで社会問題となる程に人気を博した老舗FPSゲームシリーズであり、私が今回プレイしたのはその最新作にあたる。

私はとにかくシューティングゲームが苦手だ。「偏差撃ち」や「腰撃ち」などといった基本的なテクニックそれ以前に、とにかく相手に弾が当たらない。致命的なまでにエイム力が低いのである。一応、シューティングゲームをプレイする度に練習は欠かさず行うのだが、全然向上する気配がない。多分センスの問題なのだろう。

易しめのTPSゲームである「スプラトゥーン2」においてでさえ、「ウデマエ」が「B+」であることが、私のFPSセンスの無さを物語っている。

だからといってシューティングゲームが嫌いだ、というわけではない。寧ろ大好きなゲームジャンルである。

遠くから相手に狙いをつけて、弾丸を命中させる。

上から、下から、物陰から、空中から、動き回りながら…

自身は一切傷つけられることはなく、相手を徹底的に蹂躙することができる。

ゲームプレイによって得られる快感の量で言えば、おそらくシューティングゲームがその最たるものになるのではないだろうか。

 

そして「DOOM」は、数あるシューティングゲームの中でも、「快感」に特化したシリーズだと言えるだろう。

実際、本当にプレイしていて「気持ちいい」のだ。

 縦横無尽にステージを動き回り、敵である「デーモン」に向けてありったけの弾をぶち込む。そして殺害に成功すると、まるで水風船のように大量の血しぶきを体中から炸裂させながら死体がはじけ飛ぶ。描写は非常にグロテスクではあるものの、腹部から消化器がこぼれ落ちるというような、つい吐き気を催してしまう描写ではなく、飛び回る蚊を潰した後のような無垢な爽快感を煽るものだ。

弾丸で、ビームで、時には拳やチェーンソーで、デーモンを無茶苦茶にするのは非常に気持ちがいい。

基本的に敵の攻撃は大雑把で当たらず、その代わり圧倒的な物量で攻めてくる。

そして敵はすばしっこいものの大抵大柄なのでコチラの攻撃はバンバン命中する。エイム力が乏しい私の射撃でもやっていける程度には当たる。

 

現在はとりあえず1人プレイモードをクリアしたところで終わっている。マルチプレイは私自身のプレイヤースキル的問題とそもそも過疎っているのでプレイしていない。

ステージ制作も私は別にビルディングが好きなわけではないので手をつけていない。

今作の売りとして、「ステージの探索」という点があるが、初回プレイ時にはとにかく敵を倒すことに必死でそんなことしてる余裕などなかったので、次回もう一週する時は隅から隅までステージをチェックしてみたいと思う。後、攻略中にプレイヤースキルを試す試験のような場があるのだが、全然クリアできなかった。精進せねば。

 

 

アサシンクリード2 エツィオ・コレクション

10月末発売の「アサシンクリードオリジン」の為に設定やプレイの復習をしようと購入。私が初めてこのゲームをプレイしたのは確か15歳の時。CERO「Z」だったけど、まあ買えたよね…

今作はかつてPS2をプラットフォームに発売された「エツィオ3部作」と呼ばれる「アサシンクリード2」「ブラザーフッド」「リベレーション」の3作品のセットに加え、映像作品が収録された大ボリュームな1本となっている。

リマスター版ということで、オリジナル発売当時からグラフィックが大幅に向上しており、本作の舞台であるルネサンス期のイタリアの風景を存分に楽しむことができる。

オリジナルが発売して8年経った現在でも「世界で一番格安なイタリア旅行」という二つ名は今だ健在だ。

 

 現在は「アサシンクリード2」本編をクリアしたところだ。

プレイ当初は上手く操作することが出来ず、暗殺が仕事なのについつい大立ち回りをしてしまっていたものの、ゲームが終盤に向かうにつれてやっとアサシンらしい暗殺ができるようになった。

そういえば、私がオリジナルをプレイしていた時にはなかったようなシーンが追加されていた。素晴らしいシーンだったので特に文句はないのだが、PS4版として発売する以前にPS3版としても発売されていたので、その時に追加されたものなのだろうか。

 

 

その他

FF15のアサクリコラボやらFGOの復刻イベントである「ネロ祭」をプレイしている。

FF15に関してはアプデする度に良くなっていっているので、DLC商法を止めて開発期間がもう少しあれば発売の時点でもっと作品のクオリティは現在より上がっていたのかなと思うこの頃。

そういえばPS StoreTGSセールが来ましたが、私はディスオナード1.2、アサクリロンドン編を買おうかなというところです。あとはFF零式結構好きだったのでHD版ちょっと興味ある。

 

以上近況報告でした。