ちら裏

ちらしの裏に雑に書きなぐるイメージ

一般復讐吸血鬼.tog2

前回の記事の続きになります。

引き続き、現環境でヴァンパイアデッキがどうやって戦っていけばよいのか、まとめていきましょう。

3.ビショップ

やっぱり安定して強いビショップ。ヘヴンリーイージスを切り札に、とにかく盤面を綺麗にすることに重点を置いた純コントロール型、持久力を上げたエイラ型や、中盤での安定性を上げた疾走型など、デッキカスタマイズ性が高く、序盤では戦法が読みづらいのが特徴です。

全体的な対策としては、とにかく速攻。回復と全体除去が多いビショップに対し、盤面を維持しジリ貧に持っていくコントロール型のデッキでは勝ち目がありません。とにかくリーダーへのダメージを意識してプレイしていきましょう。

特に

image

効果によって黙示録などのダメージ型除去が無効化される「ソニア」

image

3点ダメージを与えながらさらなる展開を可能にするはやみん「ガルラ」

以上の2枚には特に気をつけなければなりません。幸いなことに、両者が同時に1つのデッキに入っていることは稀なので、早々にデッキタイプを見切ることが必要です。ちなみに「ソニア」はフォロワーが横に並ぶことが無い純コントロール、「ガルラ」は効果を見ればわかりますが、アミュレット多用の疾走型に登用されることが多いです。


先ず「ソニア」に対する対策ですが、幸い殴り倒すことが出来るので、「べルフェゴール」などの素でatkの高いフォロワーや、「裁きの悪魔」で無理やり突破することになります。若しくは「死の舞踏」などダメージを介さない除去ならばすんなり突破することが可能です。

「ガルラ」に対しては、ぶっちゃけ出る前に倒すしかありません。基本的に「ガルラ」は最後のダメ押しや、テミスで相手の場ががら空きになった際に出てくることがほとんどです。

疾走型のデッキは初速がゆるやかという弱点があるため、場にフォロワーが並び切る前に倒す事を心がけましょう 目安としては6ターンです。


主に環境を支配しているこの3種類のクラスに関する解説は以上になります。


3.環境に対するデッキの組み方

それでは、先述した環境に対するデッキの組み方を考えていきましょう。

先ず、基本的な考え方として、「全てのデッキに勝てる構築」というのはありません。

あらゆるTCGにおいて、プレイングといった技術やそもそも個人が持っているカード量といったものを除くと、結局のところ「デッキ同士の相性」に落ち着くのです。

例 シャドウバースにおけるデッキタイプによる相性(→は優劣を表します)

「アグロ」→「コントロール」→「ミッドレンジ」→「アグロ」

さらに、「勝率」という考え方が重要になってくるランクマッチにおいては、

「どのデッキにも勝てるが負けることがある」デッキよりも、「特定のデッキには負けるが、特定のデッキには絶対に勝つことが出来る」デッキの方が優れています。

この2点を踏まえて、流行っているデッキを分析し、流行に「勝てる」デッキを構築していくことTCG用語として、「メタゲーム」と言います。



現在の環境は主に、

・ランプドラゴン

・アグロ&ミッドレンジネクロ

・イージスビショップ

が主に支配しており、特に、使用率の高い「ランプドラゴン」と「アグロ&ミッドレンジネクロ」に対して「勝てるデッキ」を組んでいけば自然とランクを上げることが可能です。


更に環境を分析すると、

1.「ランプドラゴン」に対しては「覚醒」前に勝負をつけたい。

 「ラハブ」や除去に耐えうるカードが欲しい。

2.「アグロ&ミッドレンジネクロ」に対しては、猛攻に耐えうる壁と除去が欲しい。

 切り札が出る前に勝負をつけたい。

ということが分かると思います。


この分析から得られたことは「速攻」と「壁&除去」の両立ですね。この2点に特化したデッキを作ることができれば、ランクマッチを勝ち上がることができます。


では実際にデッキを組んでみましょう。

image

サンプル例その1です。

疾走型フォロワーである「ブラッドウルフ」「ダークジェネラル」「ソウルドミネーター」を採用し、「速攻」を意識。

アグロに対し早い段階から出る壁として「糸蜘蛛の悪魔」、中盤以降の壁として「クイーンヴァンパイア」を採用。

復讐状態によって強力な除去効果を発揮する「黙示録」「ディアボリックドレイン」「裁きの悪魔」、そして復讐状態に能動的にもっていく為のアプローチとして、「ブラッドムーン」「ベルフェゴール」

最後に「切り札」として「メイルストロームサーペント」「カオスシップ」

強制的に状況を五分にする「アザゼル

両者のサポートとして「バフォメット」

を投入しています。


デッキを構築する上で重要なことは、先に説明した通り、「メタゲーム」を意識することと、「どうやって勝つか」を意識することです。

ちなみに上のデッキは、除去から、処理できない量のフォロワーを展開し、圧倒することがコンセプトとなっています。

自分なりの「勝ち方」を考えてみるのも、TCGの楽しみ方の一つです。


image

サンプル例その2です。

このデッキは、アグロ型の動きをしつつ、中盤に

復讐状態から爆発的な火力を出しそのままゲームエンドにする

ことをテーマにしています。

大体7ターン以内に決着を意識してゲームを勧めていくことを意識しています。

具体的に説明すると、

・「速攻」要員として、1ターン目から動ける「うごめく死霊」、「疾走持ちフォロワー」、アグロメタの「ユリウス」を採用しています。

・「除去」カードとして、先述したスペルの他、このデッキは自傷ダメージ量が多く、さらに回復手段に乏しい為、自傷を必要としない「群れなす飢餓」を採用しています。

・早い段階から出せるとして、「糸蜘蛛の悪魔」、「ソウルディーラー」を採用しています。さらに、「ユリウス」が壁に近い役割を果たします。

切り札として、「カオスシップ」の他、復讐状態時に仲間に疾走を付与する「デモンコマンダーラウラ」を採用しています。復讐状態でのみ動ける「復讐の悪魔」や高いステータスを持ちながら低コスト&強制復讐状態にする「ソウルディーラー」と組み合わせると強力です。


いかがでしたでしょうか。ヴァンパイアクラスはコストはあるものの、1枚1枚が強力なカードが多く、デッキ構築の幅が広いことが特徴です。

この記事を参考に、あなただけのデッキを作って、ランクマッチを勝ち進んでください。そしていつか僕とゲーム内で相まみえることがあれば、全力で戦えることを、楽しみにしています。