ちら裏

ちらしの裏に雑に書きなぐるイメージ

どうして紙の本を読むのか

僕は割と徹底した紙の本主義者だ。

紙の本というのはいい。「文字」という記号だけではなく、雑多な情報までも脳に入ってくる。ページを指でめくり、パラリという音がする。光が紙に反射して、読みづらかったりすることもある。

大体本が読めなくなっている、という時はそういった雑多な情報が気になってしょうがなく、心が落ち着かない状態なのだ。本を読むことで、自分の心の状態について省みることができる。

ところで最近、星海社という出版社が出している新書を読んだのだが、星海社という会社は、モノとしての新書のデザインに非常に拘りを持っているのではないか。

先ず手に程よくフィットする。表紙の素材と、本そのもののサイズが僕の手にピッタリなのだ。内装に使われている紙も程よい柔らかさで、ページをめくる為に余計な意識を使わないで済む。携帯に特化したデザインだと言える。

他の出版社もああいう風に読みやすい形にならないかな。